クマコオロギ-若虫-n2063

クマコオロギ(熊蟋蟀);学名:Modicogryllus minor
所属:直翅目;コオロギ科
大きさ:♂9〜11mm、♀はひとまわり大きい。
分布:関東以西から九州まで
生息地:水田付近の湿ったところ。
所沢では菩提樹と早稲田大学建設予定地で鳴きが聞かれたが、今は聞かれない。
発生期:年1回発生、9月頃
越冬:卵で越冬
鳴き:チ- チ-、あるいはピーッ ピーッと鳴く。