シンボルツリー「くすのき」    トップへ

校庭の楠も学校の歴史と一緒に育っています。

ゆっくり、しっかりと根を張り大きくなる楠にたとえられ、『楠学問』という言葉があります。

子供たちが進歩は遅くとも着実に成長し大成するようにと願いを込めて植えられました。

 春のくすのき  冬のくすのき(葉がないのは
剪定したためです。)
 雪の日のくすのき(2月)  10月(秋)
   
 くすのき(平成23年3月31日)  6月  7月 くすのきとシーソ-
       
 ふといです。 下から見上げたシンボルツリー(くすのき)もりっぱです。 
       
 くすのきの幹に? 名札がつきました。