校長室

平成29年度 松井小学校

学校教育目標及び学校経営方針

                          36代校長 山口 勝彦











   「やさしく」
   
人の意見を聞く子    「ありがとう」 が言える子、親切な子

 
  「かしこく」
   「自分の意見をもつ子   
力を合わせて工夫する子、意欲と
                    自信をもつ子


 
  「たくましく」
   「失敗を恐れない子  我慢をする子  繰り返し挑戦する子」
                     



  
特色ある学校づくり宣言文
    
ふるさとにします みんなの学校 松井

     汗を流して、たくさん学んで、たくさん遊んだところが、
    子どもたちにとって、ふるさとになります。
     学校が地域の中心として、学校開放委員会と学校後援会の力を
    活かしつつ、子どものために、学校がふるさとになるよう連携します。



 
学校経営方針(継承と創造)
  
 
(1)豊かな心、意欲・自信を育てる。
  方策◇施設を生かした多様な教育活動の推進 少人数・教科担任制等。
     ◇意欲を大切にした授業 めあてを明確に示し、学習の見通しを持た
       せる
     ◇豊かな心と意欲・自信を育てる講演会やしくみ作り。

 
(2)学校は健全な子どもを育てるとともに、地域社会づくり 
    に貢献する。

  方策◇地域に出向き学校の取り組みをPRする。地域行事に参加する。
     ◇地域と連携して地域行事を推進する。(バザー 環境整備 防災訓練)

 
(3)職員の創意を生かして校務分掌を充実させる。各自が
    創造性を発揮する。

  方策◇絶えず評価を見据え、P計画、D実施、C評価、A改善のマネジメント
       サイクルを重ねる。学校経営参画意識を持ち、持ち味を担当部署で
       発揮する。
     ◇学年等4ブロックの協力体制の強化。
       @1・2年ブロック       A3・4年、ひまわりブロック
       B5・6年ブロック       C教務担外ブロック


 学校経営の重点目標
  【重点目標1】 わかる授業の展開 学び創造Pを進め、理科指導法の研究を
           推進する。
           少人数指導、効果的なTT指導、高学年教科担任制の実施。
           一人一授業研究、指導案を作り、人に見てもらってこそ指導
           向上。
            
  【重点目標2】 居がいのある学級学年経営をする。
          生徒指導、教育相談の充実、いじめを根絶し、不登校を無くす。
           学年朝会の実施 保護者との連携を密にする。児童の変化は
          すぐに連絡。
           
  【重点目標3】 地域と共にある学校づくり
          地域の教育力の導入と教職員の地域行事参加。
          地域の核となる松井小学校の経営 学校開放の充実
          図書館の利用拡大。

      
 明るくさわやかな学校「時を守り、場を清め、礼を正す」
朝マラソンの奨励、給食指導の徹底(残食ゼロ)、時間を守る(チャイム席)、
オープン授業の決まり徹底(時間、音)、清掃の徹底(そうじの時間は黙って清掃)
挨拶・返事の徹底、報連相(ほうれんそう)の敢行、教職員事故の撲滅、出退勤時間の厳守
机上物品整理(ものは置かない)、計画的年休取得。