茶摘み鋏(はさみ)

大正時代頃から、手摘みにかわって大きな農家で使用されるようになったお茶摘み道具。大量生産地では、昭和30年代以後は動力摘採機が使用されるようになって、次第に減ってきた。