籾摺機(もみすりき)

脱穀してごみを取り除いた籾を上部の漏斗から落とし、回転する2個のゴムロールの狭いすき間を通す間に、籾皮をむきとり、その下の風で籾殻と玄米とに分ける機械。オムロールの直径が同じときは、それぞれのロールの回転数を変えることで籾殻を容易にはばすことができる。直系の違う大小のロールを使えば、回転数が同じ゛でも籾殻を数すことができるので、両方の形式の籾摺
機がある。