下駄(げた)

 
下駄(げた)は日本の伝統的な履物(はきもの)の一つ。足を乗せる木製の板に、歯(は)と呼ばれる突起物(とっきぶつ)を付け、そこに鼻緒(はなお)を通してはいていた。かつて、道路が舗装されていなかったころ、草履(ぞうり)では、ぬかるみに埋まってしまうため、下駄が重宝された。