蛇の目傘(じゃのめがさ)

 竹の骨組みに紙をはった、日本独特のかさ。江戸時代ごろから使われ始める。傘を開いた時に現れる蛇の目の模様が特徴的。