洗濯板(せんたくいた)

 
洗濯板(せんたくいた)は、18世紀ヨーロッパで発明された。その後、明治中期に日本に伝わった。自動洗濯機の普及によりほとんど使われなくなった。最近では、汚れのひどいものや少量の洗濯を行う際に用いられる。また、小型化され、プラスチックでできたものも出回っている。