炭火(すみび)アイロン

 

初期のアイロンで、中に炭火を入れて使用した。中は箱状になっていて、炭が入れられるように上部が開閉できるようになっている。また、炭が消えないように、空気穴と煙を出すために煙突状のものがついている。今のアイロンのように、簡単に温度調節ができないので、手ぬぐいを濡らして、布とアイロンの間に敷いて使っていた。明治時代の後期から、電気アイロンが普及する昭和の初期まで使用された。