南陵中学・東の上遺跡

奈良時代に入ると国家のしくみが整い武蔵の国(東京・埼玉・神奈川の一部)では現在の東京都府中市に国府(政府の役所)が置かれ政治・文化の中心になりました。東の上遺跡では都と国府を結ぶ東山道の道路跡や米を蓄えた倉庫群、馬具などが発見され東山道に置かれた駅ではないかと言われています。また、馬の絵が描かれた紙も発見されました。この紙はには暦が記されていましたが使用後リサイクルされ、裏面に馬の絵が描かれていました。この紙はその後、漆の液を入れる器の落とし蓋に使われました。
紙に漆が染み込んでいたため腐らずに現在まで残りました。