仏眼寺
仏眼時は、平安仏教の一つ空海が開いた真言宗の寺です山門前の石仏は、江戸時代に建てられたものです。この寺には、青石塔婆があり、壇ノ浦で滅亡した後、あちこちに散在した平氏一族の石碑があります。(平信能・平能行は久米に移り住みました。)
この寺は弘法大師(空海)がこの寺により、残したと言われている灰像や佐渡に流されていた日蓮が許されて鎌倉に帰る途中この寺によって書き残したと言われる曼陀羅(仏の図絵)が保存されています。