鳩峰神社
新田義貞兜掛け松
この神社は延喜21年に建立されたといわれ1000年余りの歴史を持つ神社です。その間何回か修復を重ね、現在の本堂は、室町時代初期の建築様式を遺す古建築物で、県から文化財に指定されています。神社の境内には、「新田義貞兜掛松史跡」と記した石碑が建っています。新田義貞が鎌倉の北条高時を討伐する折りにこの神社により、兜を掛けた松と言われていますが現在の松はそ何代かあとの松です。