鎌倉街道と勢揃橋
鎌倉街道とは鎌倉時代の頃、鎌倉から関東諸国をとおり信濃や越後、陸奥などの地方を結ぶ交通路です。鎌倉街道はひとつの道ではなく、上道、中道、下道の三つの大きな道があったと言われています。所沢を通っているのは上道です。鎌倉幕府の御家人が「いざ、鎌倉」と馳せ参じた道です。勢揃橋は鎌倉街道の上道沿いにある橋で新田義貞が鎌倉攻めの時に義貞軍を勢揃いさせたと伝えられている橋です。現在は柳瀬川に架かる橋になっています