将軍塚と元弘青石塔婆所在碑
元弘3年(1333年)に鎌倉幕府を倒すために挙兵した新田義貞は小手指ヶ原で幕府軍と戦ったが苦戦し、分倍河原の合戦でようやく勝利しましたがこの時、義貞がこの地に陣をしき、塚に旗を立てたことから将軍塚とよばれています。江戸時代に編纂された書物では富士塚とよび古代の塚ではないかとも記されています。元弘の板碑跡の碑とは現在東村山徳蔵寺所蔵している元弘の板碑があった所です。この板碑は新田方の豪族飽間氏の戦死者の戦死した場所と日付が刻まれています。この板碑は長久寺を開山した玖阿上人と言われています。元弘の板碑は国の重要文化財に指定されています。