平成29年度 所沢市立清進小学校経営方針

 

1 学校教育目標

 ○「なぜだろう」     進んで課題を見つけ、解決しようとする子〈知〉

 ○「いっしょにやろうよ」 相手を思いやる心を持ち、友だちを大切にする子〈徳〉

 ○「がんばるぞ」     心身ともに健康で、ねばり強い子〈体〉

  ―自分に自信を持ち、努力することに喜びを感じる児童の育成―

 

2 本校が目指す学校観

(1)目指す学校像

「教職員も子どもも 笑顔で 明るく 生き生きとしている学校」

・すべての子どもが、学ぶ喜びと努力する喜びを感じ、一人一人の個性・能力を伸ばし、自信を持たせる授業を創造する学校

・地域・保護者との連携をもとに、教職員全体で共に育てる開かれた学校

・教職員としての資質を磨きあい、自己研鑽に励み、主体的に創意工夫し意欲的に教育活動を展開する学校

(2)目指す教師像

「子どもへの たっぷりの 愛情 いっぱいの 情熱 そして 感謝

・学年・職員の共通行動は、子どもが安心して学べる。

・各分掌でしっかりと検討したことは、能率が上がりさらに向上する。

・「ありがとう」という言葉は、信頼感とさらなる連携を深める。

(3)目指す子ども像・・・学校教育目標

 積極的に 進んで課題を見つけ、解決しようとする子

   人の話が聞ける子

   進んで読書や家庭学習ができる子

 いつも相手を思いやる心を持ち、友だちを大切にする子

   意地悪をしない、いじめをしない子

   人の気持ちがわかり、自分の気持ちを相手に伝えることができる子

し 心身ともに健康な子

   あいさつと返事ができる子

   早寝早起き朝ごはん!元気に外遊びができる子

 最後までやる子

   ねばり強い子

 

3 経営方針

 ○魅力ある授業の創造 学習指導の充実

   子ども一人一人を深く理解して、よさを発見し、信頼関係の中で個性・能力を伸ばし生き抜く力を育む。基礎学力(読み、書き、計算力、体力)と学習規律の定着を図る。

    〈先を見据えた学習の研究 *道徳の教科化 *外国語活動の推進〉

 ○落ち着いて張りのある学校生活

   生徒指導・教育相談・特別支援教育の機能を活用し、学級・学年経営を図り、道徳・特別活動での実践力を育む。

 ○共に高めあう教職員

   全教職員が学校運営に参加し、教師としての使命を自覚し、一人一人の持ち味と創造性を発揮するための研究と修養に励み、資質の向上に努める。

 ○心を育てる環境づくり

   子どもの活動が見える教室環境づくり、花や緑いっぱいの環境づくり、環境整備と美化に努め、安全で明るく落ち着いた楽しい学校づくりをさらに推進する。危機に対して素早く対応できる危機管理体制を確立する。

 ○開かれた学校づくり

   家庭や地域が連携・協力を密にして、安全・安心な学校と地域づくり、地域の教育力(せいしんネット、育成会等)を生かし、地域に根ざした学校づくりを一層推進する。幼稚園、保育園、北小、西富小、向陽中、所沢西高等学校との連携・交流を図る。

 

4 本年度の重点・努力点

(1)主体的に学ぶ授業の創造

 教師にとって最も情熱をかける時間が授業です。「授業で勝負する」と言われますが、子どもの学力の定着も授業に求められています。教職員の協力体制の下、さらなる指導力の向上に努めます。

  方策⇒@指導方法の工夫・改善、校内研修の充実

     A読書活動の充実(図書司書の配置)、家庭学習の習慣化

     B体験活動の充実・推進

(2)豊かな人間性を養う

 学年・学級経営を基本に生徒指導・教育相談・特別支援教育の機能を生かして、人と共に生きる豊かな心を育てます。

 子どもが「清進小が 大好き」と思える清進小学校を目指します。

  方策⇒@基本的な生活習慣・規律ある態度の育成

     A集団行動による社会性の育成

     B清掃活動・勤労体験活動の充実

(3)安全・安心の確保と教育環境の整備

 学校は家庭と共に安全な場所でなければなりません。事故を未然に防ぐだけでなく、最悪の状況を想定することが最善と考えて、施設設備の点検・改善を行います。

 安全指導の徹底に努め、事故が起きた時の対応についても全職員で共通理解共通行動(報告・連絡・相談・確認 ほう・れん・そう・かく)を迅速・適切に行います。

 教育環境は、子どもの成長に影響を与えます。本校内外の環境整備や校内美化に努めます。

  方策⇒@掲示環境の充実、花と緑いっぱいの学校

     A整理整頓の励行

     B緊急災害時避難体制の構築と日常の安全点検と改善

(4)信頼される学校の推進

 学校と家庭・地域が、子どもの健全な成長を願い連携を図ります。子どもたちの成長をとおして信頼される清進小学校の創造を目指します。

    □保護者会・懇談会等の工夫

    □地域活動への参加

    □学校評価の実施

(5)協働と研鑽

    教職員が互いに尊重し合い協力し合い、個々の持ち味と力を発揮するともに、「卒業時の子どもの姿は、本校全職員による6年間の指導の結果である」ことを自覚し、各学年及び書く文章が責任を果たします。

       □協力体制(教職員同士、地域・保護者と)

       □職員会議の議題の精選や効率的な会議運営

       □校務分掌担当者の考えと責任の尊重