アルソックのスタッフをゲストティーチャーに招いて、防犯教室を実施しました。
 大切な命を自分で守っていくために、「ひとりにならない。」「しらない人について行かない。」などの説明を聞いた後、実際に不審者が現れたときの練習をしました。 危険なめにあいそうになったときには、「大きな声でたすけをよぶ。」「防犯ブザーを鳴らす。」などの練習をしました。
アルソックの方が、不審者や誘拐犯の役になって、実際に子どもを誘おうとします。頭ではわかっていても、なかなかうまくできません。
でも、何人かが練習していくうちに、みんな上手になっていきました。
最後に、大切なことは、一人で帰らないことや出かけるときに行き先を家の人に伝えておく等、当たり前にできるようにしておくことだと教えてもらいました。
アルソックの皆さん、いろいろ教えていただきありがとうございました。
防犯教室
12月8日 2年生