本校では、毎年5年生のPTA学年行事として、埼玉県警察から指導者を招き「防犯教室」を実施しています。9月14日、指導班「あおぞら」の方々に来ていただいて行った今年の「防犯教室」の様子を紹介します。
 自分で守ろう大切な命 「ひとりにならない。」「しらない人について行かない。」「大きな声でたすけをよぶ。」「だれと、どこで、何時まで遊ぶか家の人に話す。」などの説明をいただきました。
 実際の練習では、留守番をしているときに知らない人が訪ねてきたときの対応や、腕を捕まれたときのふりほどき方。車に乗った不審者から逃げる方向、知らない人と話すときの「安全圏」の話などをしていただきました。
 いろいろな事件が起こっているこの頃です。「防犯教室」で学んだことを忘れずに、安全に気をつけていきたいと思います。
「あおぞら」のみなさん、今日はありがとうございました。
防犯教室