小学校の高学年で、多くの児童が乳歯から永久歯に入れ替わります。

二度と生え替わらない永久歯を虫歯から守るために、「歯磨きブラッシング指導」を行いました。
本校の保護者でもある学区在住の歯科衛生士さんをゲストティーチャーに招いて、養護教諭と連携して指導を行いました。
子どもたちは、歯ブラシに鏡、磨き具合を確かめるテスターを用意して準備万端。
始めに、虫歯の原因や歯磨きの大切さについての説明があり、いよいよ実践です。
鏡を見ながら、自分の歯にテスターを塗ります。
テスターの赤い色が濃く着いている部分が、汚れている部分です。 前歯、奥歯、表と裏、テスターの色が残らないように、丁寧に磨いていきます。
細かな動きでシュッシュッシュ、1ヵ所を20回ずつブラッシングします。
みなさんきれいに磨けましたね。虫歯だけでなく、歯ぐきの予防のためにも、しっかり磨きましょうね。
虫歯の原因やブラッシングの他に、自分にあった歯ブラシの選び方など、たくさん教えていただきました。本当にありがとうございました。
ブラッシング指導