三富の土地の様子
ぼくたち4年生は、社会科の時間に「受けつがれてきた昔の人々の願い」を学習しています。

今日は、江戸時代に開拓された三富の土地のようすを調べに来ました。
路線バスに揺られて到着したのは、所沢市立中富小学校の屋上です。ここからは、周囲に広がる畑や林の様子がよく見えるので、多くの学校の4年生が見学に来るそうです。
畑が長方形の形にきれいに並んでいます。
畑の間に植えてある茶の木は、冬の強い北風から、畑を守るはたらきがあるそうです。
細長く続く畑のさきには、広い雑木林が残されています。
土地の様子をスケッチして、気づいたことをまとめておきましょう。
およそ300年前の江戸時代に、「新田開発」として開拓された土地だそうです。開拓の苦労や人々の工夫を、もっと調べてみようと思います。今日は、見学をさせていただきありがとうございました。
4年 社会科見学