堀口天満天神社

社伝によれば日本武尊が東征時、この地に饒速日命と
八千矛命を祀って両神社を創祀し、後の時代に京都北野
天満宮の道真の分霊を勧請したとされている。
 物部天神社は武将の崇敬も厚く源頼朝が社領を寄せ、
前田利家が社殿を再興、徳川家も代々所領を安堵した。
祭神は饒速日命とするのが定説であるが、その子宇麻志摩
治命また天穂日命(菅原氏=土師氏の祖)とする説もある。
 この付近には式内社が多く、物部天神社、國渭地祇神社、
中氷川神社(所沢市三ヶ島)、出雲伊波比神社(入間市)等が
あり、古代武蔵の重要な地域であった。