いきものふれあいの里

「狭山丘陵いきものふれあいの里」は、
狭山丘陵の身近な自然とのふれあいを通して、
自然の大切さや自然と人との関わりなどを考えるために
整備された、所沢市域約1000haの自然のエリアです。
地形は複雑で、自然と人間の歴史を通じて雑木林や谷戸、
湿地といった様々な環境が形成されており、
そこに暮らす「いきもの」は、植物が約1000種、
昆虫類約1000種、鳥類約210種と言われ、
都市近郊にあって(都心から約40q圏)自然の大変豊かな
「緑の孤島」といえる場所です。
(埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターHPより)