来迎寺

鎌倉時代、奥州(今の東北地方)を治めていた
藤原秀衡は、名高い仏師がつくった阿弥陀三尊を
日夜信仰し、おかげで奥州は戦もなく安泰でした。
それを伝え聞いた鎌倉の源頼朝は、
その阿弥陀三尊を譲るよう何度も秀衡に迫りました。
頼朝の言葉とあっては断るわけにもいかず、
阿弥陀三尊をのせた車は奥州から
鎌倉へ向け出発しました。

ところが、途中でその車が突然動かなく
なってしまったのです。それを聞いた頼朝も
仕方なく奥州へ送り返すことを許しました。
その場所は今の東京都府中市のあたりで、
車返し村と呼ばれるようになりました。

(ところざわ歴史物語より)

 

ある晩、山口堀之内のお堂にいた旅の憎の夢枕に、
金色に輝く阿弥陀如来が表れ、
「車返し村にいるけれども、争いごとの中に
戻るのはもういやだから迎えに来るように」
と告げました。驚いた僧は車返し村を探し歩き、
わけを話して阿弥陀三尊をお党に迎えましだ。
それが今の来迎寺です。
「車返しの弥陀]として江戸にも聞こえ、
非常に霊験あらたかだったということです。
(ところざわ歴史物語より)