山口城址

山口城址は、平安時代末期に武蔵七党の村山党から分か
れた山口氏の居館跡です。
 村山党とは武士団のひとつで、狭山丘陵南部の多摩郡
村山郷を本拠地としていました。始祖の村山頼任の孫に
あたる家継が村山氏から分かれ、山口の地に居を構えて
山口氏を名乗りました。
 東西200メートル、南北200メートルの範囲に、土塁と堀が
散在していましたが、河川改修・道路・鉄道・住宅建設など
によって破壊され、城の原形は不明です。これまでの発掘
調査によって、「山口城址前」交差点付近に城の中心部が
あったと推測されます。(所沢市ホームページより転載)