山口千手観音

金乗院(こんじょういん)は、
真言宗豊山派に属し、山号は吾庵山、寺号は放光寺。
本尊は千手観音で山口観音とも称される。
この寺は、古くから観音信仰の霊場として知られ、
観音像や観音堂は寺伝によれば奈良時代の僧行基によって
弘仁年間(810年 - 824年)に開かれたと伝えられ、
この寺はその別当寺であった。
鎌倉時代末期新田義貞が鎌倉を攻めた際には、
この寺に祈願したという。(ウィキペディアより)